メニュー ホーム

実は和製英語な言葉とその意味を解説

ボディチェック

和製英語のボディチェックを意味する英語の言葉は、「セキュリティチェック(security check)」や「フリスク(frisk)」です。
特に厳しいチェックには「ボディサーチ(body search)」という言葉を使います。

ダンプカー

アメリカでは日本人がダンプカーと呼ぶ車を「dump truck」と呼びます。
「dump」の意味はゴミの収集や処理とか、何かをぞんざいに投げるとかいったものです。

ハイテンション

英語で「tension」は気がかりや心配な気持ちを表すのに使われます。
たとえばサッカーの日本VS北朝鮮戦の雰囲気を表現するのに「tension-filled」と言ったりします。

しかし、「high tension」は電気機械で、高圧であることを示す専門用語なのです。


リフティング

英語で「lifting」という単語は、足ではなく手を使って何かをすることに使います。
たとえば、「The captain proudly lifted the cup after his team’s 2-1 victory in the final(そのチームのキャプテンは決勝戦で2対1で勝ち優勝カップを高々と持ち上げた)」
というように使われます。

パネラー

英語では、討論会での座談者やクイズ番組に出演している芸能人などは「パネラー」ではなく、「パネリスト(panelist)」と呼ばれます。
「パネラー」という言葉から英語圏の人たちが想像するのは、車の車体(パネル)を修理する人だとか家の外装材をつけたり修理する人のことです。

スキンシップ

スキンシップは、英語でいう「mother-child bonding(母子のスキンシップ)」を簡潔で適切に表す和製英語です。
最近の日本では、母子間に限らず様々な種類の温かく友好的な身体的接触を表すのにこの言葉がよく使われているようです。
したがって、「friendly or loving physical contact(友好的もしくは愛情のある身体的接触)」やbonding(友情や相互支援)と英語では説明できるでしょう。


カレーライス

イギリスのカレーレストランで日本語でいう「カレーライス」を注文したら、カレーのかかっていないただのライスを提供されることになります。
カレーとライス両方は「curry and rice」もしくは「curry with rice」と言うのです。

ミス

専門的な間違いを表すのに、正しい「mistake」ではなく「miss」が、特に医療分野でよく誤用されているようです。
「Patients were misdiagnosed as a result of the doctor’s miss(医者の過失で患者は誤った診断を下された)」というようにです。
しかし、英語を母国語とする人たちには「miss」とは「的を外すこと」、何かに出席しそこねたり、取り逃がしたりすること、などの意味で使われます。

マイカー

英語の「my car」のmyはいわゆる対象指示語で、その意味は、それが話された人や時間または場所によるという種類の言葉です。
だから、「my car」ならそれは「my car」と言った人の車という意味になります。
それに対し、和製英語の「マイカー」は私有車や自家用車という意味で使われています。

ペーパードライバー

英語で「ペーパードライバー」は「a person who has a driver’s licence but little driving experienceとか「a driver in name only」などと言えます。



カテゴリー:役に立つ話

better

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です