メニュー ホーム

眼科で行う近見視力の検査対象と検査方法

近見視力の検査対象

通常、視力検査とは5m離れた視力検査表で行う遠見視力検査のことを言いますが、眼科では場合によって30cm程度の近見視力を測る近見視力検査を行う場合があります。
この検査対象としては、老眼を代表とする調節(近くにピントを合わせる目の機能)障害、遠視例(遠視が弱視の原因となる幼児~若年者)、医学的弱視(治療によって視力回復が見込める弱視)、社会的弱視(原因を問わず矯正視力が低い者や視野が極度にせまい者)などの患者となります。

老眼を代表とする調節障害

1.老眼によって近見視力がどの程度見えにくくなっているかを知るため
2.現在つかっている近用眼鏡(老眼鏡)が眼に合っているかどうかを知るため
3.新しく処方する近用眼鏡に合ったレンズ度数を知るための検査


遠視例

1.遠見視力が遠視の場合は、遠見視力だけを見て眼鏡処方は不要と判断しがちですが、それでは近くを見るとき、遠視のために遠視でない人より多くの調節努力をしないといけなくなり、眼精疲労を来し、そのままほうっておくと原因を特定されないままに読書嫌いや三叉神経根部痛に陥ってしまっていることが多いのです。
これを見逃さないために近見視力を測定します。

もし遠視があまりにひどい場合には遠見視力が良くても近見視力が悪い場合もあるためです。

2.軽度の遠視では、眼鏡レンズ度数を決定するときに、遠見視力のみをみて処方すると近見で見えにくいという症状を来すことがあります。
遠見視にはやや過度な矯正でも、近見視力を重視した度数決定がコツです。

医学的弱視

1.近見視覚から育つ弱視の特性を考え、近見を測定します。

2.弱視治療中に視力のいい方の目にアトロピンなどの調節麻痺薬を点眼し、近見視力を測定することで、弱視眼のほうが視力がよくなっているかを確認します。

社会的弱視

1.日常の読み書きでどの程度、見る能力があり、どのような文字サイズが必要か、あるいは何倍の弱視レンズが適当かを判断する材料とします。
また、学童では普通学級、弱視学校あるいは盲学校のいずれが適しているのかを判定する資料とします。

2.制限された視覚でどのような職業が適しているか、近見視力から判定~助言します。


近見視力の検査方法

近見視力表を用いて検査します。
測定は30cmの検査距離を保ち、指標面の明るさは明るい部屋を目安とし、指標面照度は基準通り400~800luxが必要です。

ただ30cmでも一番大きい指標が読めない場合には検査距離を縮めて測定します。
例えば、0.1の指標が15cmでわかれば0.1×15/30で0.05としますが、これは本来の意味の近見視力ではなく、ものを読むときに最小どの程度の大きさの文字が読めるかの目安となるもので、視力値の記載にも検査距離を記載するようにします。
この例では「0.1(15cm)のように書きます。
このため、最大指標として0.1以下の大きな指標が用意されている視力表を備えておく必要があります。

検査成績の判定

視力検査基準に従い、3/4あるいは4/5以上分かった場合に視力として評価します。

検査時の注意

検査距離を厳密に30cmとすることが何よりも重要で、物差し、メジャー、糸などで眼と指標の距離を測定する必要があります。
また、欧米製の指標は検査距離1/3cm(33cm)でサイズが決められており、注意が必要です。
通常の普通紙に印字した視力表では経年変化、汚れなどによるコントラストの低下があり、よく使うところでは1年、そうでなくとも3年毎に新しいものに入れ替える必要があります。
基準ではコントラスト比85%以上と規定されています。



カテゴリー:用語解説

better

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です