メニュー ホーム

消毒、殺菌、除菌、滅菌とは、それぞれのの違いと消毒の注意点とは

家をばい菌ぼいない環境にしようと思うと、除菌や殺菌、さらには消毒がお約束・・・のはずですが、これって、全部同じものでしょうか?

せっかくなので、除菌、殺菌、そして消毒の違いを考えてみたいと思います。

日本石鹸洗剤工業会のウェブサイトには、薬事法や日本薬局方など、国が定めた定義をもとにしたそれぞれの言葉の説明が出ています。

これによると、「殺菌」は、読んで字のとおり「菌を殺す」ことです。

ただ、具体的に、どんな菌を殺すことか、あるいはどれくらい殺せば「殺菌」というのかといった、具体的な数字や程度は示されていません。
そのため、専門家の間では一部の菌を殺しただけでも「殺菌」だと考えることが多いといいます。

これに対して「消毒」は、「物体や生体に付着または含まれている病原性微生物を死滅または除去させ」ることで、「害のない程度まで減らしたり、あるいは感染力を失わせるなどして、毒性を無力化させること」と、とても具体的に定義されています。


除菌と滅菌はどちらのほうがパワフルなのか

結論から言ってしまうと、滅菌のほうがしっかりと菌を殺すことを意味します。
滅菌の「滅」は「全滅」の滅。
「すべての菌(微生物やウイルスなど)を、死滅させ除去することで、日本薬局方では微生物の生存する確率が100万分の1以下になることをもって、滅菌」だとしています。

一方の除菌はというと、「物体や液体といった対象物や、限られた空間に含まれる微生物の数を減らし、清浄度を高めること」をいいます。

もっと細かく殺菌と除菌の違いを解説すると、
「殺菌」とは、「菌を殺す」という意味で、医薬品医療機器等法の対象になる消毒薬などの「医薬品」や薬用石けんなどの「医薬部外品」で使うことができる表現です。

「除菌」とは「増殖可能な菌を減少させる」という意味で、洗剤や漂白剤など「雑貨品」の表示にも使える言葉です。

除菌については、洗剤・石けん公正取引協議会が独自に言葉を定義しています。
それによると、「物理的、化学的または生物学的作用などにより、対象物から増殖可能な細菌の数を、有効数減少させること」を除菌といいます。

菌の数を減らすのが除菌、全滅させるのが滅菌ということになります。

ところで、洗剤・石けん公正取引協議会が「除菌」というとき、カビや酵母などの真菌類は含まれないそうです。
ですから、除菌といわれたら、カビやピンクの酵母菌のぬめりは対象外ということも、覚えておきましょう。


消毒の注意点

家を清潔に保つために、病気の原因となるかもしれない微生物は殺しておいたほうがよいと考える人は多いようです。
先の定義でいうと、滅菌までいかなくても、菌の数は減らしておいたほうがいいということです。
そこで必要になるのが、「消毒」です。

消毒は、先の定義を見ていると、ものや生き物にくっついている「病原性微生物」だけを殺してくれる便利な行為のように見えますが、本当にそうなのでしょうか?

消毒薬というのは、基本的に微生物のタンパク質を変性させて殺す作用をもったものですが、その消毒薬が目の前にある微生物をばい菌か、そうでないか区別して破壊したり、破壊するのをやめたりするかというと、そんなことはないのです。
消毒薬は人間のタンパク質も細菌も変性させ、人間の細胞を細菌も破壊してしまうものなのです。

ですから、消毒薬を使ったら、その後は、必要以上に肌に触れたり、口に入ったりしないように、注意する必要があります。

それによって、人間の体にも影響を及ぼすことがあるからです。


過剰な消毒は要注意

現代人は「殺菌過剰」な状態だと言えます。

そのせいで、より強力な細菌が生まれ、より治療の難しい感染症がもたらされ、事態はよくなるどころかますます悪くなっているのです。

そう、やりすぎは恐いのです。
特に、消毒薬を使った過剰な殺菌は。

たっぷり消毒薬を使ってきれいにした場所で育つことは、子供の免疫力を低下させるという意見は、トンプソン助教授をはじめとする多くの専門家に指摘されています。

免疫力が低下すると、具体的にはどんな困ったことがあるかというと、身近な現象としては風邪をひきやすくなったり、歯槽膿漏や口臭の悪化といった症状が出たりすることがあります。
ウイルスや細菌にやられやすくなってしまうので、さまざまな病気の原因になることがあるようです。

もうひとつ、消毒薬を使った過剰な殺菌で注意したいのは、役目を終えた消毒薬が、肌に触れたり、体内に入ることで、今度は体や皮膚にいる、善玉菌と呼ばれるよい菌をも殺してしまうことがあるという点です。

なにしろ、先ほど説明したように、人間のタンパク質も細菌も変性させ、人間の細胞を細菌も破壊してしまうものですから。

ある専門化は細菌の細胞と人間の細胞、どちらのほうが消毒薬に弱いかというと、人間の細胞であると言っています。
それが体内に入ることは、決して歓迎できません。
そういう意味では、健康な人の日常生活で、消毒しなくてもすむものまで、万が一のことを考えて消毒する必要はないのです。



カテゴリー:おもしろいネタ

better

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です