メニュー ホーム

脳の仕組み、部位ごとの働きを解説

脳は、人間のあらゆる精神と肉体の活動を司るコントロールセンターです。
体の内外から送られてくる情報に瞬時に対応して、各部に指令を出します。
そのため、人間の体のなかでもとりわけ重要な臓器のひとつです。
そのため、脳を守る構造は厳重で、硬い頭蓋骨に覆われているだけではなく、さらにその下は硬膜、くも膜、軟膜という3層の膜に包まれ、外部のショックから守られています。

脳hをあたら木から分類すると、大きく「大脳」「小脳」「脳幹」の3つに分けられます。

脳の全体重の約8割を占めている「大脳」は、左右2つの半球に分かれており、左半球は体の右半身へ、右半球は体の左半身への指令をそれぞれ受けもっています。

大脳はさらに「前頭葉」「側頭葉」「頭頂葉」「後頭葉」の4つの部位に分けられます。
前頭葉は文字どおり頭の前方部分にあり、言語や体を動かすための中枢で思考、感情、性格、やる気など、人間の精神作用に関わる部分です。
側頭葉はこめかみから耳の後ろにかけてある部分で、言葉の理解や記憶、聴覚、嗅覚などの働きに関わります。
頭頂葉は頭のてっぺんのやや後ろに位置し、顔や手足の皮膚感覚などの情報が集まる部分です。
後頭葉は頭の真後ろに位置し、視覚に関する情報を処理する視覚野が存在する部分です。

大脳の下に位置する「小脳」は、大脳から送られてきたおおまかな指示を体の各部位に細かく伝える役割と、体のバランスを保つ役割を果たしています。
「脳幹」は、大脳と脊髄をつなぐ部分に位置し、呼吸や心臓の活動、体温調節など、人間の生命維持に関する重要な神経が集まっています。
大脳や小脳のある程度の損傷は、部位や程度によっては回復がみられる場合もありますが、脳幹が損傷して機能が損なわれると、生命を維持することができなくなります。
これらの大脳、小脳、脳幹のすべての機能が失われた状態を「脳死」といいます。


血液の約15%は脳で使用されている

脳が膨大な情報を処理し働いていくためには、燃料となる酸素と栄養が必要です。
これらは、血液によって脳に運ばれています。

心臓から送り出されるすべての血液のうち、脳で使われているのは約15%にもおよび、全身で使われる酸素の約20%は脳で消費されています。
脳は人が眠っているときでも機能を停止することなく、365日24時間休まず働き続けるために多量のエネルギーを必要としますが、脳には酸素や栄養をためる場所がありません。
そのため、脳にはつねに新鮮な血液を供給し続けなければならず、心臓から伸びた太い血管によってこの機能が保たれています。

心臓から脳に血液を送り出すのに重要な役割を果たしているのが、心臓から首の前へ回る2本の内頚動脈と、心臓から首の後ろへ回る2本の椎骨動脈の4本です。
これらの動脈は、首を通って頭蓋に入り、脳の底の部分で合流してリングを形成しています。
これを「ウィリス動脈輪」といいます。
ウィリス動脈輪は非常に効率的なバイパスで、たとえどれかの動脈が詰まっても、ほかでカバーして脳への影響が最小限になるように働きます。

首から上には、前大脳動脈や、中大脳動脈などが枝分かれし、さらに穿通枝などの細い血管によって脳のすみずみに血液を供給しています。

しかし、これらの動脈は、ほかの動脈との連絡をもたない、終動脈と呼ばれるバイパスがつくれない血管です。
そのため一度血管が詰まると、血流を回復することが困難です。
脳梗塞など脳の病気が後遺症などのダメージを与える理由は、こうした脳の血管の構造にもあります。



カテゴリー:用語解説

better

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です