メニュー ホーム

SSL化(HTTPS化)した時グーグルアドセンスが表示されなくなる原因と対処方法


こちら」でSSL化に方法と「こちら」でSSL化した時の検索エンジンへのインデックスについて解説しましたが、もう一つSSL化には改善点があったようです。

それはhttps~のURLでアクセスするとグーグルアドセンスの広告が表示されなくなってしまう場合がある、というものです。

これはグーグルが公式に解説していて、その内容を簡単に言うと、httpsのURLではスクリプトのURLもhttpsにしないといけないので、コード内の「http」を「https」に変更する必要がある、という事です。

そのため、https化したページのアドセンスはすべてhttp~となっているところを「https」に書き直さないといけません。
アドセンスコードをすべて一括で変換できるようにシステム化している人はいいですが、そうでない場合はかなり大変な労力です。
そのため、公開ページの多い人はhttps化を一括で進めず、少しずつ進めていったほうがいいと思います。


ただ、https化する人すべてがそれをしないといけないわけではありません。

なぜなら将来https化する事を促進する事を見越してかある期間からアドセンスのコードにあるURLが「http:~」から「:~」となっていて、このhttpがないURLだとどちらでもアドセンスを表示できるようになっているため、https化しても影響がないのです。

つまり、古くから同じコードを使っている人には影響がありますが、最近、またはhttps化対応後のアドセンスコードを使っている人、またはそのサイトでは特に何も考えずにhttps化をしても問題ありません。

たからSSL化(HTTPS化)した時グーグルアドセンスが表示されなくなる対処法として、コードの「http」に「s」を追加してもいいですが、新たにグーグルアドセンスコードを取得してそれに貼り直す、というのも一つの手です。

というか今後また変更しないといけない可能性があると考えるとその方がいいかもしれません。

また、https化をしてアドセンスを貼っている人は最近のコードであっても、念のためアドセンス広告が表示されるか確認しておいたほうがいいでしょう。



カテゴリー:役に立つ話

better

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です