メニュー ホーム

会社での人付き合いが苦手な人向けのコミュニケーションのコツ


会社での人付き合いは難しいです。
学校やその他の場所でも人付き合いというのは難しいですが、会社は特に難しいです。

まず、会社での人付き合いは利害関係があるため、苦手な相手でもぞんざいな扱いはできないからです。
もし、嫌な相手だからと無視したり避けたりしていては、いざ仕事を一緒にする事になった時に困ります。
ましてや相手が上司の場合は、気に入られるかどうかがふられる仕事、または出世にも関わってくるため、嫌な相手にヘコヘコしないといけない事も多々あるのです。

それら会社の人付き合いが苦手な人に役立つコミュニケーションのコツを紹介していきます。


会社での人付き合いは出世に影響する

今は終身雇用が崩壊したと言われ、会社に勤めてさえいれば自動的に出世して給料が上がる時代は終わったと言われています。

では何が出世や給料に影響するかというと、一番が人付き合いであると言われています。

仕事が出来るとかコツコツ頑張る、という事はチームで行う仕事では目立ちにくいため、上司のご機嫌をとれる人の方が評価されたりするのです。

もちろん、人付き合いがうまい人は営業などで取引先に気に入られたり、と仕事で得をする人も多くいます。

意識しすぎないようにする

会社での人付き合いの重要性は述べましたが、人付き合いのコツはそれらを意識しすぎないようにする事が重要です。
例えば普通に他人とコミュニケーションをとれる人が、学校で当てられた時の発言や人前での演説になると緊張してうまく喋れなくなるように、人は意識しすぎるとコミュニケーション能力が落ちてしまうのです。

むしろ会社での人付き合いは「嫌われていい」くらいに思うほうがいいです。
なぜなら仕事も同じですが、人は「失敗する事で改善方法を学ぶ」からです。
人付き合いは会社では重要ですが、人付き合いの失敗でいきなりクビになるような事はないため、失敗を重ねて成長していくほうが長い目でみるとうまくいくのです。

逆に意識しすぎて失敗しないようにしすぎる人は、成長しないためいつまでたってもうまく人付き合いができるようになりません。


他人の仕事は率先して手伝う

喋るのが苦手な人でも会社の人付き合いを円滑にする方法があります。
それが「仕事を手伝ってあげる」です。

人は「何かをしてもらうと何か返さないといけない」という心理が働くため、仕事を手伝ってもらった相手には優しくなります。

そのため、いろんな人の仕事を手伝ってあげるといざという時助けてもらえる上、人望のある人だという印象が周りに与えられるため、人付き合いが円滑になります。

第一印象を大事にする

人付き合いは意識しすぎない方がいいといいましたが、唯一、始めて合う人との人付き合いは意識する必要があります。

それは第一印象はやはり非常に大事だからです。
第一印象で受けたイメージは数十日も続き、その後覆すのは思っている以上に難しいからです。

とはいえ、無理をして人付き合いがうまい人を演じる必要はありません。
最低の身だしなみを意識するだけです。

よくない身だしなみは「髪の毛ボサボサ」「服よれよれ」「靴ボロボロ」などだらしない、不潔なイメージを避ける最低の身だしなみをしましょう。

これらが出来ていない人は人が寄ってこなくなります。
つまり、会社での人付き合いはこれらが出来てこその始まりなわけです。



カテゴリー:おもしろいネタ

better

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です