メニュー ホーム

特有財産と共有財産の違いとは、離婚の際の財産分与の詳細

離婚の際、財産分与は大きなお金が動きますが、財産分与では実は、夫と妻が財産を半々に分けるわけではありません。
財産には共有財産と特有財産があり、共有財産は二人のものとして財産分与で半々にすることが多いですが、特有財産は夫または妻のどちらかの財産とされているため、財産分与の対象とはなりません。

法律の条文は下記のようになっています。

[民法](財産分与)
第七百六十八条  協議上の離婚をした者の一方は、相手方に対して財産の分与を請求することができる。
2 前項の規定による財産の分与について、当事者間に協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、当事者は、家庭裁判所に対して協議に代わる処分を請求することができる。
ただし、離婚の時から二年を経過したときは、この限りでない。
3 前項の場合には、家庭裁判所は、当事者双方がその協力によって得た財産の額その他一切の事情を考慮して、分与をさせるべきかどうか並びに分与の額及び方法を定める。


どういったものが共有財産、特有財産になるのかを下記に記載します。

特有財産(財産分与の対象にならない)

・結婚前の貯金
結婚前に貯めた貯金は夫または妻どちらかの特有財産とされます。
当然ですね。
もし、結婚前の不動産や貯金を共有財産として財産分与の対象と認めては、最悪金持ちと結婚してすぐに離婚する、という結婚詐欺が生まれる可能性もあります。

ただし、結婚後の収入も結婚前と同じ口座に振り込んでいたりすると少々やっかいです。
銀行から取引履歴を入手して、お金の流れを整理しないと結婚前の貯金も共有財産とみなされてしまう可能性があるので注意しましょう。

もう一つ難しいのが、結婚前に貯めていたお金を結婚後に預金した、というパターンです。
これが結婚直後に何百万という収入とかけ離れた額であればまず特有財産と見なされますが、結婚後の期間が結構経っていたり、少しずつの預金である場合は共有財産と見なされる可能性が高くなります。

・他人から贈与を受けた財産
他人からもったお金や物は夫か妻、もらったほうのものと判断されます。

・相続財産
これも夫か妻、どちらか相続を受けたほうのお金、または不動産などでも片方のものと判断されます。

・社会通念上で個人の持ち物と考えられる物
仕事で夫か妻どちらかのみ使っていた道具やどちらかしか着ない服などは、共有財産で購入したものであっても特有財産とされる場合があります。


共有財産(財産分与の対象になる)

・結婚後に仕事で得た収入
例え夫のみが働いていて、妻の収入がゼロだとしても結婚後の収入による貯蓄は二人で得たものとして、離婚時には半々にされます。
ちなみに結婚後の収入を夫または妻どちらかの名義のみに貯蓄していた場合でも、結婚後の収入は二人で共同で築いたものと見なされるため、名義人と関係なく離婚時の財産分与では半々に分けられます。

もし夫が得た収入はすべて夫のもの、として離婚後すべて男性だけが財産を持っていってしまっては専業主婦の女性は離婚後に路頭に迷ってしまいます。

財産分与では必ず半々でなければいけないわけではないですが、特に揉めることがなければ不動産など正確に分割するのが難しいものをのぞいて半々となります。
もちろん両者合意の上で割合を変えることはできます。

・夫婦共同の口座に入っている財産
夫婦で口座を分けて使っている人もいるでしょうが、共有にしている人もいると思います。
ずっと共同の口座にお金を入れている場合、それがたとえ結婚前の財産など、本来なら特有財産として認められるものであっても、共有財産と見なされる可能性が高くなります。



カテゴリー:役に立つ話

better

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です