メニュー ホーム

内分泌系とは、内分泌器官の一覧と分泌されるホルモン、働きを解説

内分泌系とは

内分泌器官は、身体の情報や周囲環境の情報を、体内のさまざまな器官に伝える働きをしています。
化学物質であるホルモンを、血液を介して送ることで情報を伝えます。
ホルモンは、ごく低い濃度で特定の器官の働きを変えることができます。

ホルモンを分泌する全身のさまざまな内分泌器官の働きは、内分泌の中枢である視床下部から出るホルモンの指令により、促進されたり、抑制されたりします。
内分泌の中枢は、分泌されたホルモンの濃度を感知し、高くなりすぎたり、低くなりすぎたりしないように制御します。

内分泌器官の一覧と働き

・視床下部

大脳の下方の中央部にあります。
多くの内分泌器官の働きを調節する最も上位の中枢です。
ここから、下垂体前葉への指令ホルモンがまず出されます。

視床下部は、体に加わった負荷を受けて、体の状態を保つための指令を出します。


・下垂体

視床下部の下にぶら下がるように位置している内分泌器官です。
下垂体は視床下部からの指令ホルモンを受け、さまざまな内分泌器官にホルモンの分泌を促す指令ホルモンを出します。

下垂体には、このような指令ホルモンを出す働きと、直接目標臓器に働くホルモンを分泌する働きの2つが備わっています。
後者のホルモンとしてよく知られているのが成長ホルモンです。
骨や筋肉に働きかけ、成長を促したり、筋肉を肥大させたりします。

・甲状腺

首の前方で、甲状軟骨のすぐ下にあります。
甲状腺ホルモンとカルシトニンが分泌されます。
前者は心臓の働き、エネルギー代謝、胃腸の働き、心身の成長など、多彩な働きに関係しています。
後者は骨の形成に関係しています。

・副甲状腺

甲状腺の裏側にある非常に小さい内分泌器官で、副甲状腺ホルモンを分泌します。
副甲状腺ホルモンは、骨のカルシウムを溶かし、血液中のカルシウムを増やす働きをします。


・腎臓

泌尿器系に属する器官ですが、内分泌器官としての働きも持っています。
分泌するのは、レニンという血圧調節に関係するホルモンと、エリスロポエチンという赤血球を作る働きを促すホルモンです。

・副腎

腎臓の上に帽子のように乗っている非常に小さな内分泌器官です。
エネルギーや水分などの物質代謝のほか、ストレスが加わったときに働きします。

慢性のケガやアレルギーの治療で用いられる炎症止めのステロイド薬は、副腎で分泌されるホルモンに類似しています。
大量に使いすぎると、免疫力の低下、骨や腱の強度の低下を引き起こします。

・膵臓

消化器系に属する器官ですが、内分泌器官としては、糖の代謝に関係するインスリン、グルカゴンを分泌します。

・消化管

胃や小腸からは、消化管ホルモンが分泌され、消化の働きを調節しています。

・精巣・卵巣

いわゆる性ホルモンを分泌する内分泌器官です。



カテゴリー:用語解説

better

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です