メニュー ホーム

女性が男性の急所、睾丸蹴りについて話している内容

子供の護身術教室 投稿者:マリコ 投稿日: 4月19日(水)05時56分46秒
「子供は、急所まで足が届かないですしね、子供の力ではダメージがあるのか
どうか・・・。」
子供の力では、叫ぶと急所を思いっきり狙うしかないと思いますけど・・・
6歳の女の子が大人を撃退して逃げた話聞いたことないけど、10歳ならあります
。詳しいこと覚
えていませんが、1995年にイタリアの新聞にこういう話がありました。お父さんが買い物に
行って、友達と10歳の娘を二人きりで家に残しておいた。お父さんの「友達」はレープの目的
で小学生の女の子を襲ったけど、娘が夢中になって男のふところの飛び込んで股間に何回も膝蹴
りしたそうです。そして男が「地獄モード」になって、娘が警察に電話した。新聞記事によると警察が30分後家に着いた
けど犯人は自力で立つことすら出来なくて息が苦しくて救急車で病院に運ばれた。
お父さんの友達は小学生の娘を襲うなんて・・・怖い話ですが、子供は護身術を知って良かったです。



金的が気になる今日この頃・・・

先週から某武道で護身術を習い始めました。
女性5名に教えてくれるセンセイが5名(男3女2)という豪華さ。
これでは持ち出しばかりで、講習は中止になってしまうのではないかと心配です。
最初に習ったのは金的(武道では睾丸のこと)蹴り。
護身なので当たり前と言えば当たり前ですが。
私的には去勢の歴史とかを学生の時に調べた変わり者で、殿方特有の急所への抵抗はありません。
でも話題にするのと、実際に男性のそこを蹴る練習をするのは違うようで、不覚にも恥じらい
が出ました。
頭の中で「睾丸を蹴るなんて女としてはしたない」という固定観念があるのでしょう。
普段は「女として・・・・」云々はジェンダーハラスメントだと言い放っている自分にそんな古
い考えがあるのを発見してしまいました。
痴漢に対して睾丸を蹴ったことがありますが、練習とは言えそうではない人の玉を蹴るのはどう
も・・・
もちろん倫理的に人を傷つける方法を練習することへの抵抗がないわけではありませんが。

護身では「金的に始まり金的に終わる」のが鉄則だと最初から叩き込まれて、ここ何日かは金的
病と言うか周りにいる人の股間が気になって仕方ありません。(笑)
仕事をしていてもついついそこに目が行ってしまったり、最初にAさんに顔面入れて、Bさんの
金的を蹴って逃げよう、とか不謹慎なシュミレーションをしていて、「金的病」になってしまい
ました。
会社でセクハラに遭ったら、その人の金的を潰してしまいそうです。(笑)



イジメで左睾丸破裂!
損賠提訴:「学校はいじめ隠した」 元水戸市立中学生、市と同級生ら相手取り /茨城
 ◇クラスメートの暴行で精巣機能障害

 ◇市と同級生ら相手取り、3990万円の損賠提訴

 水戸市立中のクラスメートからの暴行で左精巣の機能が停止したにもかかわらず、学校側はいじめの事実を隠そうとしたとして、県内の中学校に通う少年(12)が水戸市と同級生4人、その保護者を相手取り、総額約3990万円の損害賠償を求める訴えを水戸地裁に起こした。

 訴状によると、少年は昨年6月30日から同7月6日にかけて、学校の休み時間や放課後に、4人から股間(こかん)をほうきの柄で突かれたり、強く握られたりする暴行を受けた。少年が病院で診察を受けたところ「左精巣外傷、左陰のう内出血」と判明。
左睾丸が破裂していた。

また、いじめの事件です!なぜ無くならない?

 少年は登校もままならない状態に陥ったが、校長や担任らは少年方を訪れ、
「診断書は取らなくてよい」
「2学期から元気に登校するように」と発言。
原告側は
「学校は、いじめ事件を隠ぺいしようとして、少年の心情を大きく傷つけた」と主張している。
水戸署は同年8月、4人を児童相談所に通告。
少年は同年秋に転校した。

 水戸市教委は「詳細を確認し、対応したい」としている。【山本将克】



カテゴリー:おもしろいネタ

better

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です