メニュー ホーム

面接方法の種類と対策、面接前の最低限やっておく準備とは

面接までにしておかなければならないことは何か?
それは企業研究とエントリーシートの確認です。

企業・業界研究

関心をもっていれば、その会社のニュースは自然に入ってくるものですが、独自の情報収集活動はやはりしておきたいところです。

インターネットはもちろん、業界紙や経済新聞、雑誌などに目を通しておきます。
業界のことや経済全体の動きを知り、面接で活用しましょう。

エントリーシートの確認

エントリーシートを確認するということは、もう一度自分を見つめ直すことです。
面接の前にこれをしておくと心が落ち着き、不思議とファイトが沸いてくることでしょう。

エントリーシートの内容は面接のときの基礎資料です。
面接官はこれを見ながら質問をするので、食い違いがあると突っ込まれてしまいます。
エントリーシートはコピーして、本番に臨みましょう。

前日の持ち物チェック

面接の前日には、持ち物チェックをしましょう。
忘れ物によって動揺することがいちばん怖いからです。
気にしながら面接に臨むと、本来の力が発揮できません。
前日に準備して万全の態勢を整えましょう。
面接会場の下見も忘れずに行いましょう。


面接のスタイルを知っておこう

面接にはいくつかのスタイルがあり、その目的に応じて使い分けられます。

①集団面接
複数の応募者に対し、ひとりの面接官が質問をしていくスタイルです。
採用側の目的としては「人柄・志望動機、ほかの応募者との比較」で、対策としては「自分の特徴を強調する」ことに努めましょう。

②個人面接
ひとりの応募者に対し、面接官がひとりないし2~3人で対応します。
採用側の目的としては「複数の目で総合評価したい」というのがあり、対策としては「丁寧な態度と言葉づかいで堂々と質問に答える」ようにしましょう。

また、「1対1」の個人面接では、採用側はその人の人柄を確認したい、という目的があるため、具体的に自己PRを話していきましょう。

③グループディスカッション
複数の応募者にテーマを与え、議論をさせる形です。
採用側の目的としては「表現能力・協調性をみる」ことがあり、対策としては「積極性を出しながら、かつ聞き上手にもなる」ようにしましょう。

④グループワーク
複数の応募者に課題を与え、達成するまでの過程を観察する形式です。
採用側の目的としては「集団内における役割・立場をみたい」というのがあり、対策としては「個人ではなく、他の人と協力して完成を目指す」ようにしましょう。

⑤プレゼン面接
事前に与えた課題に対し、資料や企画書を作成してプレゼンテーションをさせるスタイル
採用側の目的としては「創造性・企画力をみる」で、対策は「ユニークな視点をもつことと」とともに十分な練習もしておきましょう。

これらどのようなスタイルになるかは、採用する側の考え方によりますが、どのスタイルにも対応できる準備と心構えだけはもちたいですね。

とくに、一次面接や二次面接では「集団面接」や「グループディスカッションが多いので、他人と比較されることを前提のうえ、対策を練っておきたいですね。



カテゴリー:役に立つ話

better

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です