メニュー ホーム

介護保険で受けられるサービスの種類と内容の一覧

介護保険はサービスにかかった費用の9割を保険給付で受けられます。
2006年4月からは、要支援・要介護の状態によって、「介護給付」と「予防給付」の2つが給付されるようになりました。

さらに市町村独自の「市町村特別給付」もあります。

介護給付

医療保険と違って介護保険のサービスは、介護保険料を支払った人の誰もが受けられるわけではなく、サービスを受けるために、要支援、要介護の認定をしてもらう必要があります。

市町村で要介護の認定を得て、つねに介護が必要であるとされた人は、必要な介護の度合いに応じた介護サービス等が受けられます。
そして、そのサービスにかかる費用の9割は介護保険から給付されます。

予防給付

市町村から、要介護状態になる恐れがあって日常生活上の支援が必要であるとされた人は、「予防給付」で介護予防サービスが受けられます。
これらのサービスもかかる費用の9割が介護保険から給付されます。

ただ、介護給付が在宅サービスと施設サービスがあるのに対し、予防給付は在宅サービスのみとなっています。

これら介護保険の残り1割は自己負担となりますが、ケアプランを作成する費用については、全額が給付されます。


介護保険で受けられるサービス一覧

訪問介護


ホームヘルパーが在宅で行う入浴・排泄・食事などの介護、その他の日常生活上の世話

訪問入浴介護


居宅を訪問し浴槽を提供して行われる入浴の介護

訪問看護


主治医の判断に基づき、看護師などが在宅で行う、療養上の世話と診察の補助

訪問リハビリテーション


主治医の判断に基づき、在宅で行う、心身機能の維持回復・日常生活の自立援助のための、理学療法・作業療法などのリハビリテーション

居宅療養管理指導


医師が行う療養上の管理、指導

デイサービス


施設で受ける入浴・食事の提供、その他の日常生活の世話

通所リハビリテーション


施設に通い行うリハビリテーション


短期入所生活介護


施設に短期間入所して受ける、日常生活上の世話と訓練

短期入所療養介護


治療の必要がある場合に、施設に短期間入所して受ける機能訓練などの医療と日常生活上の世話

特定施設入居者生活介護


有料老人ホーム・ケアハウス等で一定の計画に基づいて提供される生活上の世話、機能訓練、療養上の世話

福祉用具貸与と販売


車いす、特殊寝台、床ずれ予防用具、歩行器、移動用リフトなどの貸与

住宅改修費


厚生労働大臣が定めるもの、小規模な一定種類の住宅改修費用の支給。上限20万円

地域密着型サービス


在宅の要介護者を対象とした各種介護サービス

在宅サービス計画


ケアプランのことで、全額支給される

介護予防サービス


在宅の要支援者を対象とした各種サービス

施設サービス
要介護者を対象として、介護用心福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設への入所、施設サービス計画



カテゴリー:用語解説

better

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です