メニュー ホーム

子供がいない場合の遺産相続はどうなるか

子供同士、実の兄弟姉妹同士の話し合いでも簡単には決着がつかないのが遺産相続というものですが、義理の兄弟姉妹などではもっと大変になります。
それが、子供がいない場合の遺産相続です。

子供がいない夫婦のどちらかが亡くなった場合、配偶者が全財産を相続できるわけではありません。
配偶者だけでなく、亡くなった人の両親や兄弟姉妹が法定相続人になるのです。
法定相続人とは、法律で決められた相続人のことで、優先順位がありますが、遺言書がなければ相続は法定相続人の優先順位にしたがって行われます。


ちなみに、兄弟姉妹が亡くなっていても、代襲相続といって、甥姪が相続人になります。
ただし、兄弟姉妹や甥姪が相続人の場合は、配偶者の法定相続分は2分の1ではなく、4分の3になり、木煬帝姉妹が4分の1を分け合うことになります。

義理の兄弟や甥姪などは、遺産分割の話し合いをするだけでも大変です。
さらに、兄弟姉妹が多かったり、兄弟が先に亡くなっていたりすると、法定相続人の人数が増えて数十人になり、集まることすらできなかったり、高齢の相続人などが認知症になっていて、話し合うこともできないことさえあります。

そして、その相続人全員を確定するのも簡単ではなくなります。
通常、法定相続人を確定するためには亡くなった人の生まれてから相続までのすべての戸籍謄本が必要になりますが、兄弟が法定相続人になる場合は、原則、亡くなった人だけでなく、その亡くなった人の親の生まれてから亡くなるまでのすべての戸籍謄本が必要となります。
さらに、兄弟が先に亡くなり、甥姪が相続人になる場合は、その亡くなった兄弟のすべての戸籍謄本も必要になり、途方もない作業になってしまいます。


財産を分けるにあたっても問題があります。
財産がどちらか一方の名義であっても、財産は夫婦が二人で築いたもので、夫婦のものであると思っている人も多いですが、法律はそうではなく、あくまでも法律では、遺言による亡くなった人の意志が最優先され、ここではその遺言がない場合の話です。

一方、亡くなった人の遺産が、親から相続したものの場合もあります。
そのような場合、もともとの遺産の所有者である親とは血縁関係のない子供の配偶者の法定相続分が4分の3で、亡くなった子供の兄弟姉妹は4分の1しかないというのも、少し違うような気もします。

つまり、法律というのは、すべての場合を想定して決めることはできないのです。
また、常識で判断するといっても、このようなことは、各人各様の言い分があり、簡単には決まらず、その話し合いをすること自体が大きな負担になることは間違いありません。

残された家族にとっては、愛する人だけでなく、生活の基盤まで奪われてしまうかもしれないのが相続なのです。
そして、そのことを考えていなくて困るのは、亡くなる人ではなく、残された人であることは、まぎれもない真実です。

やはり、揉めそうな相続になる場合は遺言書を残してくれているのが一番いいのですが、まだ生きている人に遺言書を書いてくれ、とは言いずらいものです。
かといって、元気なうちは遺言書なんて考える人は少ないですし、高齢になって認知症が出てからでは書くのも難しくなってしまいます。
また、遺言書は複数あった場合、日付の新しいものが優先されるという決まりがあるため、遺言書を書いてくれたから安心だ、と思っていたら、いざ相続開始になってからどんでん返しがある、ということもあり、やはり簡単にはいかない難しい問題なのです。



カテゴリー:役に立つ話

better

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です