メニュー ホーム

アレルギー性結膜炎とは、原因や症状を解説

体は、外から侵入してくる異物に反応して、それを排除しようと免疫反応を起こします。
本来は、体を守るための反応が、体にとってマイナスに働くものをアレルギーとよびます。

このアレルギー反応が、目の粘膜に炎症という形であらわれるのが、アレルギー結膜炎です。

結膜は、白目の表面をおおっている眼球結膜と、まぶたの裏をおおっている眼瞼結膜からなっており、眼球とまぶたを結びつける粘膜であるところから、結膜とよばれています。

結膜は目のいちばん外側にあるため、外界からの異物にさらされやすいのです。
空中に浮遊しているアレルゲンが付着すると、結膜の表層でアレルギー反応を起こします。
すると、さまざまな化学物質が放出され、結膜の表面を走っている血管を拡張させたり、涙の分泌を促進したりして、不快な症状になっていきます。


アレルギー性結膜炎の症状と特徴

アレルギー性結膜炎のもっとも特徴的な症状は、目のかゆみです。
いっぽう最近やウイルスによる結膜炎では、涙や目やに、異物感が特徴です。

アレルギー性結膜炎になると、目が非常にかゆくなります。
次に、結膜が炎症のために赤く腫れて白目が充血し、まぶたが腫れぼったくなってきます。

また、粘っこくて白い目やにが出たり、涙が出て止まらない、といったことも起こります。

まぶたの裏の眼瞼結膜に、濾胞という小さなコブができると、ゴロゴロする感じになります。
ひどくなると角膜にまで炎症が広がり、角膜潰瘍や角膜混濁を発症させることもありますので注意が必要です。

なお目は、鼻やのど、気管支などと近い位置にあるため、くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった鼻炎を伴うケースも多く見られます。

アレルギー性結膜炎は、典型的な場合は症状から判断できますが、結膜炎は、最近やウイルスの感染、外傷、薬物などが原因で起こることもあります。
結膜炎は、原因によって治療法がまったく違ってきますので、自己診断をせず、一刻も早く眼科で見てもらうことが大切です。


感染性結膜炎

結膜に最近やウイルスが侵入すると、反射的に涙の分泌がふえ、これを洗い流そうとします。
涙には殺菌作用があるからです。

細菌性結膜炎の原因となる菌は、ブドウ球菌、肺炎球菌などです。
有効な抗生物質を点眼すれば、3~4日で充血が軽くなり目やにもなくなってきます。
目やにが出る間は、他人に感染しないよう注意しないといけません。

ウイルス性結膜炎には、エンテロウイルスあるいはコクサッキーウイルスで起こる急性出血性結膜炎と、アデノウイルスで起こる流行性角結膜炎といったものがあります。

ふつう結膜炎では視力低下はありませんが、アデノウイルスに感染すると、ときに角膜に小さな混濁が残り、そのせいで視力が一時的におちることがありますので、最後まで治療を続けることが必要です。
また、流行性角結膜炎は、その名の通り、非常に感染力が強く、診断された場合には学校も会社もしばらくの間、休まないといけませんので、疑われる場合は必ず眼科へ行きましょう。

また、眼科でも他の患者への感染や、スタッフへの感染が心配ですので、少しでも疑いのある場合は他の患者が使う検査器具は使わず、疑いのある患者が座った席や手に持った雑誌などはアルコール消毒し、スタッフはアルコール消毒、または30秒以上の長い流水による手洗いを行います。
もし院内感染してしまうと、しばらくの間、その病院は休止しないといけないため細心の注意をはらって感染予防を行うわけです。



カテゴリー:用語解説

better

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です