メニュー ホーム

サプライチェーンとは何か、意味、定義を解説

現在は、「サプライチェーン」という言葉がかなり定着してきました。

サプライチェーンとは何かというと、商品やサービスを消費者へ供給するために行われる企業の関連部門間の連携です。
したがって、サプライチェーンは、モノを生産、販売する企業の活動において重要かつ戦略的な要素です。
ですが、それを実現し、硬貨を得ている企業はまだ一部に限られるという現実もあります。

サプライチェーンを構成する企業には、商品を生産するメーカーや店舗で販売する小売業のほか、物流サービス企業、貿易関連企業も含まれます。


サプライチェーンの定義

企業の連携が「チェーン」で、一般的には、商品供給のための「チェーン」を「サプライチェーン」と定義することができます。

一部の企業では、自社のために部品や原料を提供する企業や関連サービス業者が構成するチェーンを指してその企業の「サプライチェーン」と称している例も見受けられますが、この場合の「サプライチェーン」は、いわば狭義の意味でのサプライチェーンと捉えられます。

ですが、モノには所有と所在という要素が伴っています。
また、モノの消費までの過程には、所在の移動と所有の移転が生じます。
これを前提とするならば、広義の意味でのサプライチェーンとは、供給から消費までの商品の所有の移転および所在の移動に関わる企業群によって構成される「チェーン」と捉えるべきではないかと考えます。

サプライチェーンは、商品の需要に合わせてその商品を供給するための「プロセスの集合体」としても定義することができます。
そのプロセスとは、企業と企業をつなげることを意味しますが、実際には、企業内の特定部門間のプロセスという見方もできます。

サプライチェーンの中の供給プロセス

一般的に川上から川下へと動く商品の流通は、需要と供給により成り立つものであり、この需要と供給の全体プロセスをサプライチェーンと捉えることもできます。

需要に基づき供給を行うためには、企業内外の多くの業務プロセスが必要で、特定の事業もしくは商品流通のために構成されるプロセスの集合体をサプライチェーンと見る場合もあります。


サプライチェーンの分類

サプライチェーンを構成する業務プロセスについえまとめると下記のように分類することができます。

1.企業内プロセス:サプライチェーンを構成する企業内で行われる販売、仕入れ、生産、物流などのプロセス

2.相互委託プロセス:サプライチェーンにおけるモノの移動に関連し、企業間で発生する相互受発注、作業指示および決済のプロセス

3.相互協業プロセス:サプライチェーンを構成する企業間で必要な共同作業プロセス。
例えば、リコール業務、品質追跡、返品、代引きサービスなど。

4.サプライチェーン計画管理プロセス:サプライチェーンに関する情報収集、情報処理/伝達、情報整理/分析、需給予測/レベルの設定、計画/進捗管理など、サプライチェーンを運営管理および活用するためのプロセス

サプライチェーンは、一見すると企業同士によって構成もしくは連携するものと見られがちですが、実際には、複数の構成企業の中の一部門同士で構成されているケースが数多く見られます。
したがって、企業間で行われる業務プロセスについても、それぞれ企業内の一部門に存在するものと考えられるでしょう。



カテゴリー:用語解説

better

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です