メニュー ホーム

人のしぐさや視線から相手の心を読み解く心理学

心の動きは、多かれ少なかれ身体や行動に表れます。
ということは、身体の状態や行動を見て、人の隠された心をある程度知ることができるといえます。
もちろん、ポーカーフェイスという言葉があるとおり、心がまったく表に出ない人もいるにはいるでしょうが。

たとえば、目は口ほどにものを言うというように、その人の目を見るだけで、今どのような心境かを推し量ることができます。

アメリカの心理学者ヘスは、こんな実験をしています。
男性と女性に赤ちゃん、赤ちゃんを抱いた女性、男性のヌード、女性のヌード、風景などの写真を見せたとき、瞳孔が拡大することが確認されたといいます。
このことから、ヘスは興味や好意、興奮を感じた時、瞳孔が拡大するという結論を出しました。

また、その人のしぐさや口癖、良い間違いをした言葉などからも相手の心理を読み取ることができます。

もちろん人間には個人差があり、数字の公式のように決まった答えを導くことはできません。
ですが、嘘発見機なども心が表に出てしまう人間の特性を利用した科学的根拠に基づいた機械だったりするのです。


錯誤行為とは

言い間違いや聞き間違い、書き違い、思い違い、ど忘れなどを「錯誤行為」といいます。
錯誤行為は日常的に頻繁に起きますが、その背景には、隠された本心があるとされています。

たとえば「会議を開会します」と言うべきところを「閉会します」と言い間違えたとします。
これは「開会する」と言おうとする気持ちと「会議なんてしたくない」という本心がぶつかり合い、最終的に本心が勝ってしまってそういう言葉が出たと考えられます。

つまり、心の中にある無意識が、意識に干渉を重ねることによって「聞く」「見る」といった認知が妨げられ、錯誤行為は起こります。
錯誤行為に対するこうした考え方は心的決定論と呼ばれ、精神分析学の基本的な考え方となっています。


無意識の行動から見る心理

・口癖:「やっぱり・・・」を多用する人は、負けず嫌い。
急に早口になる人は心に不安や恐怖が隠されていることが多い。
「まあ」を多用する人は自分に自信がない。

・表情:眉間にしわがよると、不快感があると感じる。
話す時の表情がオーバーな人は、傷つきやすく警戒心が強い人。
顔の右半分は言語、理論を担当する左脳の影響でよそゆきの表情が出る。
・顔の左半分はイメージや感情を担当する右脳の影響で本音の表情が出る

・視線:興味のあるほうに目が動いてしまう。
視線を合わせないのは何か後ろめたいことがある。
視線が下に向くのは気弱になっている証拠。
嘘をつく時に、男性は目を逸らし、女性は逆に目を合わせる、と言われている。

・好きな色:赤は情熱、破壊、生きようとするエネルギーが強い人。
青は温厚、落ち着き。
緑が好きな人はバランスを求め、極端には走らない人。

・言い間違い:本心が口をついて出てしまう。
合コンで名前を呼び間違えられたなら、相手は「早く別の人と話がしたい」と思っている。

・しぐさ:頭をかく行為は不安や緊張、心の葛藤などを表す。
よく鼻を触る人は情緒不安定、ウソをついているサイン。



カテゴリー:役に立つ話

better

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です