メニュー ホーム

男女の恋愛観の違い、考え方の違いとは

男の幸福と恋愛観

男は、恋に落ちることによって、自分のことはさておいても女性のために全力を尽くしたいと願うようになります。

そうすることで心が開放されると、男は利己的な自分から脱皮し、大きく変わることができますし、自信を持てるようにもなります。
自分は人の力にもなれるのだというkとを意識した時、持てる限りの最大の力を尽くすようになるのです。

ですが、いったんそれが望みのない愛だと感じた時には、再び元の利己的な自分に後戻りそしてしまうのです。

恋に落ちた男性は、自分のことと同じように相手のことを気にかけるようになります。
恋愛感情は、利己的な鎖の中にとらえられていた彼を急速に解放し、他人のために自由に行動する力を与えてくれるのです。
その原動力は、個人的な利益の追求ではありません。
愛情、つまり相手に対する思いやりです。


男は、自分の恋している相手の心が満ち足りていると、それがたかも自分自身のことのように感じられるようになっていきます。
恋した相手を幸福にするためには、いかなる困難にも耐えることができ、愛する人の幸福は、自分自身の幸福になります。
そして、男はより高い目標に向かって活力を与えられることになります。

男は幼い頃には、自分のためだけに行動していれば、満足できるものです。
ですが、成長していくにつれ、単なる自己満足では物足りなくなっていきます。
充実した人生を実感するためには、愛情によって動機づけられる生き方を望むようになるのです。

このように、男は恋に落ちると、のびのびと無私無欲に相手のために生きることに熱中できるようになっていきます。
そして、男は他人に対する思いやりの心に欠けた、自分の満足だけを追求する惰性的な人生から解放されます。
男にとっては愛情を受けることも必要ですが、もっとも大切なのはそれを自分から分け与えることなのです。

大部分の男性は、愛情を分け与えることに飢えています。


女性は大切にされ、愛されている実感を求める

女を憂鬱な気分にさせるものは、言い知れる孤独感です。
その精神状態から抜け出すために、女は愛情に満ちた救いの手が自分に差し伸べられていると安心する必要がありました。

多くの男は、女が誰かに愛情を注がれ、支えられているのだという実感を持つことの大切さに気が付いていません。
女たちは、その要求が満たされると信じられた時、幸福な気分になれるというのにです。
何か嫌な出来事があって精神的に落ち込んだ時、あるいは人生に疲れて絶望感に陥った時、女が、もっとも必要とするのは、親しい人間とのスキンシップです。

女は自分が決して孤独な存在ではないのだということを確信する必要があるのです。
誰かから、とりわけ異性から愛され、大切に扱われていると実感したいと痛切に願っているのです。

ところが、男はなかなかそんな女の心理に気がつきません。
むしろ、相手のことを思うがゆえに、そっとひとりにしておいてあげるべきだと考えたりもします。
あるいは、そばにいて問題を解決してあげればそれでいいと考え、性急に解決策を掲示して、女をさらに落ち込ませたり、怒らせたりするのです。

男には、ただ単に親身になって話を聞いてくれ、理解と同情を示してくれることだけを望んでいる女の心情が、なかなか本能的に理解できないのです。

自分の話を納得いくまで聞いてもらい、理解、同情してもらえたと実感できた時、女性は自分が相手に愛されていることを確信でき、それだけで心が満たされ始めるのです。
そして不信感や猜疑心はたちまち消し飛んでいきます。

自分が愛される価値のある人間であると確信できた時、女はごく自然にリラックスすることができるのです。

女たちは、自分を犠牲にしてまで相手に「与える」ことをよしとして育てられることが多いですが、そのことに心身を消耗していることも多いのです。
いつも「自分は一歩ひいて、相手を立たせる」ことをしている女も、休養を必要としているのです。
女たちは自分を探求する時間、まず第一に自分を優先させて考える時間を持ちたいと願っているのです。



カテゴリー:おもしろいネタ

better

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です