メニュー ホーム

職場、ビジネスでの男性の身だしなみマナー、良い例と悪い例

男性の身だしなみ

良い例

・耳が見える程度の長さで整えられた髪
・ワイシャツの袖は上着の袖口から1cm程度出ているのがベスト
・ピカピカの紐の靴
・ワイシャツの色は、白、または淡い色のもの
・ネクタイはベルトのバックルにかかるくらいの長さで結びます。
・靴やベルトといった革ものは、同じ色で揃える
・靴下は色・柄物ではなく黒や紺、スーツの色によってはグレーが好ましい印象を与えます。
・白や淡い色のインナー
・ジャケットやパンツの色にあうインナー
・ネクタイやリボンにフィットするインナー


悪い例
・耳が隠れるほど長い髪
・シワの寄ったスーツ
・派手で緩んだネクタイ
・ワイシャツの袖が出ていない
・シワの寄ったズボン
・汚れた靴
・寝癖・フケの多い頭
・無精ひげ、鼻毛
・襟や袖口のシワ
・ズボンからのシャツのはみ出し
・スーツのポケットのふくらみ
・ネクタイやベルト、靴との不調和
・靴の汚れ、紐のほどけ、かかとの擦り切れ
・シワだらけ、襟、袖にくすみのあるシャツはNG
・ネクタイの結びが短すぎたり、長すぎるのも不格好
・黒いベルトに茶色の靴の組み合わせなど、色が不統一だとちぐはぐな印象を与えてしまう
・色物の靴下はNG
・だぶついたり小さすぎるインナー
・袖元や袖口に汚れのあるインナー
・シワやボタンの取れ、ほころびのあるインナー


人付き合いにおいて第一印象はとても大事なものです。
営業職はもちろん、内勤の方もきちっとした身だしなみが必要です。
服装がだらしない人にとても仕事を任せられません。
いつも身ぎれいを心がけましょう。

ビジネススーツの上着は基本的にはシングルですが、顧客や取引先と接する機会が多い職場ではノーマルな2つボタンの方が無難です。
色は紺やチャコールグレーが初対面の人に真面目さや誠実さを演出してくれます。
ビジネススーツの上着は流行のものよりオーソドックスなものの方が好感をもたれます。
ズボンは折り目にしっかりとアイロンをかけましょう。

ネクタイは派手過ぎないものを選ぶようにしましょう。
原色のものや光沢が強すぎるものはNGです。

シャツは白が基本で、首回りは、人差し指を一本差し込めるぐらいのサイズがベストです。

シャツの袖は、上着から1cm程度出るくらいが適切な長さです。
短すぎて隠れてしまったり、長すぎて大きくはみ出していると不格好です。

肌着はワイシャツの下に隠れていますが、派手な柄や色はNGです。
学生気分で黒いTシャツやキャラクターがプリントされたTシャツなどを着てはもってのほかです。
白が無難でしょう。またワイシャツは首回りや袖丈など必ず体型に合ったものを選びましょう。

ジャケットを羽織ってしまえば、シャツやブラウスは上着の下に着るものだから目立たないと安心してはいけません。
社会人はそうしたところも厳しくチェックされています。
アイロンをしっかり当てたシャツは、細かい気配りができる人と評価されます。
また、形状記憶のシャツもよいでしょう。

シャツの選択のポイントとして、シャツはクリーニングに出すのが無難ですが、選択する場合、歯ブラシなどで袖口や襟元の黒ずみをこすり落とし、アイロンもしっかり当てましょう。

シャツの胸元のポケットにボールペンなどを入れておくと、インクでしみを作ってしまうこともあるので要注意です。

薄い素材のブラウスは肌着なしでは肌やブラが透けてしまいビジネスシーンにもふさわしくありません。
必ず肌着の上に着るようにしましょう。
黒や原色の下着もNGです。



カテゴリー:役に立つ話

better

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です