メニュー ホーム

野球、バント、スチール、ヒットエンドランの目的や弱点と用語解説

野球における代表的な作戦に、ランナーを進めるバント、ランナーだけで進塁するスチール、ヒッティングとランナーの動きを組み合わせたヒットエンドランがあります。

送りバントの目的と弱点

送りバントとは、アウトをひとつ使って、ランナーを進めるための作戦んです。
ランナーの走塁時間を稼ぐために、バッターがアウト覚悟で打球を転がす作戦で、進塁の成功率はかなり高くなっています。

ただし、アウトをひとつ使うので、得点に結びつける場面で、外野フライや内野ゴロなどアウトを使いにくく、ヒッティング頼みになりがちなのが弱点といえます。


スチールの目的と弱点

スチールはランナーが単独で進塁を図る作戦で盗塁とも呼ばれます。
バントのようにアウトカウントを使わないので、次以降にアウトを使うことができるメリットがあります。
このため、成功すれば得点につながることも多くなります。

ただし、実行するには足の速さやスチールそのもののテクニックなど、ランナーの能力も必要で、それがあっても失敗するリスクあるという弱点があります。

ヒットエンドランの目的と弱点

ピッチャーの投球と同時にランナーがスタートし、同時にバッターがヒッティングする作戦がヒットエンドランです。
成功すれば、アウトを使わずに大きなチャンスを得られるので、得点に結びつきやすい作戦です。

ですが、ランナーが飛び出すので、フライになるとダブルプレーになってしまう可能性が高いという弱点があります。
メリットもデメリットも大きい作戦といえます。

フォースプレー

一塁を含む塁上にランナーがいるときの、いわゆる詰まった状況でのプレーを言います。
バッターランナーが一塁に進むため、一塁ランナーを含む、フォースの状態(詰まった状態)のランナーには、それぞれ進塁義務が発生し、この進塁前に守備側が進塁先の塁に送球すれば、タッチなしにアウトにできます。
これはフォースアウトといいます。


タッチプレー

フォースでない状況では、塁を半れたランナーに守備側はボールを持ってタッチしなければ、アウトにできません。
走者がスライディングをするのは、おもにこのタッチを避けるための行為です。

シャッフル

リードした状態から、軽く飛ぶように移動するテクニックをいいます。
小さく飛ぶことで左右どちらにもすばやく動けるので、ピッチャーのモーションに合わせて行い、リードの距離を広げるときに使われます。
ここでの移動を第2リードと呼ぶこともあります。

ボールインプレー

ゲームが進行中の状態をいいます。
ランナーは進塁できるし、塁を離れているランナーにタッチすればアウトになります。
フォアボールのときは、ボールインプレーなので、安全進塁権を持たないランナーが塁を離れるとアウトにされます。

ボールデッド

ゲームが止まった状態をいいます。
ランナーは進塁できませんが、塁を離れてタッチされてもアウトにはなりません。
ボールデッドは審判がタイムをコールしたときや、デッドボールのときなどになります。



カテゴリー:用語解説

better

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です